■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サーマルテイク ISGC-V320で色々やってみる。 その2

いつもご覧頂きましてありがとうございます。

前回はGTX280のクーラーを取外す所までやりましたので、
今回は実際に『ISGC-V320』を取り付けて行きたいと思います。

外したばかりのGTX280は前回の写真のようにグリスまみれですので、
グリスや熱伝導シートを綺麗に拭いていきます。

因みにVGAチップのグリスを拭くとこんな感じでVGAのコアを見ることができます。
CIMG2967.jpg
なんだか昔のCPUを思い出します。

そんな感じでメモリやVRMに残ったグリスを綺麗にふき取ったら、
付属のヒートシンクをビデオメモリと発熱の多そうなところに貼っていきます。

こんな感じではりました。
CIMG2968.jpg

貼ってる途中で思ったのですが、
メモリはサイズもいい感じで貼っていけるのですが、
電源部などはどうも付属のヒートシンクだと大きさが合わなかったり、接触したりと上手く貼れません。
この辺は汎用品の弱さというか、ちょっと歯がゆいところです。

で、最後になって、「あ、数が足りない・・・。」 orz

貼れそうなヒートシンクの数が足りなくなってしまいました。
まぁ危なそうな所には一通り貼りましたので、多分大丈夫だと思いますが、
一抹の不安感が・・・。

とりあえずそれは考えない事にして(爆)、
このデカヒートシンクをカードに取り付けていきます。

説明書によると先ずクーラーの設置面の横にネジ止め用の足を取り付けます。
その足に固定する為のボルトを取り付けます。
GTX280の場合は、『E』のボルトを取り付けるようです。

これですね。
CIMG2969.jpg

指定された位置にボルトを取り付けると、カード側のネジ穴がぴったりと合いますので、
その穴にボルトを通し、カードの裏側からナットで取り付けていきます。

こんな感じです。
CIMG2970.jpg

なぜかこの締め付けナットですが、六角レンチで締めるようになっています。
ZALMANの物は手回し式になっていて、非常に締め安いのですが、
何故これは工具が必要な形式になっているのか、非常に謎です。

というわけで、何とか完成しました。
CIMG2971.jpg

次回は実際に動作させて検証していきたいと思います。


※グラフィックカードの標準ヒートシンクの取り外しは製品保証が喪失する可能性が御座います。
 取外し・取付時の破損など、ヒートシンクの交換はリスクを伴います。
 交換の際はこれらの事を考慮のうえ、自己の責任において行ってください。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。