■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■J&W JW-RS780UVD-AM2+

いつもご覧頂きまして有難う御座います。
第二回はマザーボードでお送りしようと思います。

今回取り上げる商品はJ&W社製『JW-RS780UVD-AM2+』です。
簡単に概要を言ってしまいますと、
AMD製CPU用のAMD780Gチップセット搭載MicroATX規格マザーボードとなります。

J&W社というと自作PCに詳しい方でもこのマザーが出るまでは殆どの方がその名前をご存じなかったのではないかと思います。(私も知りませんでした。。。)
この会社とマザーボードが取り上げられたのは毎年ドイツで開催される『Cebit』(セビット、パソコン関連の見本市)の記事でした。
冒頭でも書いたのですが、AMD780Gチップセット搭載MicroATX規格マザーボードという事で、
悪く言えば『どのメーカーも出しているマザー』でした。しかも日本ではマイナー(というかほぼ無名)のメーカーが取り上げられたのか?と疑問が生じます。
このマイナーメーカーのマザーボードが大きく取り上げられた理由、それは・・・。

内蔵グラフィック機能用のメモリがマザーボードに搭載されている

ということでした。これはAMD780Gチップセットでは標準でサポートされている機能なのですが、
この『JW-RS780UVD-AM2+』で初めて搭載されました。

あまり自作PCに詳しくない方ですと、『それがなんなの?』という事になってしまうと思いますが、
今までの内蔵グラフィック機能は自分が使うメモリーをメインメモリーから頂戴していました。
つまりパソコンに1024MBのメモリーが乗っているとすると、内蔵グラフィックの分が引かれた数値になるということですね。
今ではメモリが潤沢につまれているので、殆どそういうことはないと思いますが、
昔は内蔵グラフィックのせいで、ソフトの推奨動作環境をメモリの量が下回ってしまう、なんてこともあったのですよ。

逆に自作PCに詳しい方は『内蔵グラフィックなんて非力だし、メモリも食うし』と思われるかもしれません。
しかしながらこのマザーボードには『HybridCrossFire(ハイブリッドクロスファイア)』という、同じATI社製のグラフィックボードを搭載したときに、内蔵グラフィックがそれを支援してくれる、という非常に面白い機能も搭載されています。

この様にお手軽派からパワーユーザーまで、幅広い層にアピールできる魅力を持った、
『JW-RS780UVD-AM2+』についてレビューをしていきたいと思います。

先ずは外箱から・・・。
SN360136.jpg

結構きれいな外箱です。よくある安物メーカーのデジタル画像を拡大しただけのザラザラデザインとは
一線を画していますね。(笑) 128MBとATIの大きなロゴがまぶしいです。

次に内容物を・・・。
SN360137.jpg

取扱説明書、ドライバCD、IOパネル、シリアルATAケーブル(黒)1本、パラレルATAケーブル(80芯)1本、シリアルATA電源変換ケーブル1本、と最小限となっています。
新規組立で光学ドライブをシリアルATAの物にしようと考えておられる方は要注意ですね。
取扱説明書は全編英語です。また内容的にもあまり詳しくありません
組立て初心者の方はご注意を。というか覚悟して組み立ててくださいねっ!(はぁと) オエー

ではいよいよマザーボードの外観に・・・。
SN360138.jpg

基盤は青色です。ちょっとギガバイトっぽいデスネ。
一番最初に気づくのが、メインメモリのスロットがかなり特殊な配置になっています。
一般的なマザーボードですとCPUスロットの写真で言いますと下に横向きで付いているのが多いのですが、このマザーボードはCPUソケットの右側、しかも拡張スロットと平行の向きになっています。

それと対応してなのか、CPUソケットの冷却ファン取付部(リテンションといいます)が、90度回転して装着されています。
これですとCPU付属ファンのような上から風を当てるタイプで、ヒートシンクが大きくないCPUファンであれば問題ありませんが、横から風を当てるタイプや大型のヒートシンクを持つCPUファン風の向きが有効に生かせなかったり、干渉して付けられなかったりする可能性がありますので要注意ですね。

マザーボード全体に目を移してみると、小さなマイクロATX規格としては高機能なだけに、かなりぎっしりと詰まっています。
それでもPCI-Express(PCIエクスプレス)スロットは長いビデオカードを装着しても、シリアルATAのコネクタに干渉しにくいような配置になっていたり、最近は大手メーカーもおざなりになっている部分にも気を使っている様子が見え、好印象です。
また発熱が大きい部分にはしっかりと大きめのヒートシンクがつけられており、パワーユーザーも意識した設計になっている事が伺えます。
コンデンサやループコイルは多くが通常の電解コンデンサやむき出しの物ですが、電源部分にはアルミ固体コンデンサとシールドされたコイルが使われており、むやみに高価なパーツを使い、全体のコストを上げるのではなく、重要な部分にこそコストをかける、という設計理念があるように感じますね。

次は信頼性の高いマザーボードのバロメーター(だと思う)、電源周りを。
SN360139.jpg

前述した通り、の部分のコンデンサーとコイルは耐久性のよい物がふんだんに利用されています。
CPUに電力を供給するVRMは3フェーズとなっており、マイクロATXのマザーとしては強力で、
また基盤も大きなスペースが割かれています。
こういったこだわりの為にメモリソケットなどが変則的な配置になっているのだとすれば、
かなりの物ですね。

次に外部コネクタ部分を・・・。
SN360140.jpg

見慣れない液晶パネルが付いていますが、これは『POSTリポーター』というもので、
2桁の英数字でPCの起動が途中で止まった場合、そのコード表を見る事で、どの部分で止まってしまったのか、原因を探る事が出来る、というものです。
よくパーツを組み替えるパワーユーザーの方やオーバークロッカーの方には便利な装備かもしれません。
余談ですが、この機能はあくまでもパソコンが起動するまでの問題を教えてくれる物ですので、
「なんだかOSが不安定」「青い画面が出る」等の問題は診断できませんので、お間違いなく。

内蔵グラフィック機能の出力コネクタはD-Sub、DVI-D、HDMIと一通り装備していますので、
出力するモニターを選びませんね。
ただ、シリアルポート、パラレルポートといった旧規格は全廃されていますので、これらで接続する機器をお持ちの方はご注意を。
サウンドは豪華な多チャンネルサラウンド仕様です。こういったコンパクトなマザーボードでは真っ先に削られる機能ですが、しっかりと装備されています。
POSTリポーターと合わせて見ても、かなりヘビーなユーザーを意識しているようですね。

では実際に組み立てて、レビューをしていきたいと思います。
今回は以下のような構成でテストを行っています。

CPU AMD PhenomX3 8450
メモリ PC6400 DDR2 2GB
VGA 内蔵グラフィックを使用
OS  WindowsVista HomePremium SP1 (x86)

さ、組立てが終わりました。(笑)
では、先ずはBIOS設定ですね。電源ON!お、画面が出ましたよ。
『ピッ!』 あれ? BIOS画面が出てから起動のビープ音がなります。

自作PCに詳しい方ならお分かりになるかと思うのですが、
一般的なマザーボードですと大体『ピッ!』と起動のビープ音がなってから画面が出るのですが、
このマザーボードはどうやら違うようです。
「だからどうなんだ?」って事なんですが、ビープ音はなんらか問題があって起動がとまった場合にも鳴りますので、画面が出てから鳴られると、ちょっと『ドキッ!』とします。

と一発軽いジャブをいただいたところで、BIOS画面です。
(すみません。うまくスクリーンショットを取れませんでした)。

BIOSはAMI製のカスタムBIOSです。
このAMIBIOSですが、個人的にはメニューの階層が深くて分かりづらく、あまり好きではないのですが、
このJ&W製では多機能な為か、更に複雑化しており、また設定項目も独自の言い回しが多いので、目的の項目を探し出すのにかなり苦労します。
今回は内蔵グラフィックのメモリ割り当てをメインメモリとオンボードメモリ両方から使う、設定にしようとしたのですが、大変でした。。。

OSのインストールですが、こちらは最新のVistaということもあってか、画面の指示に従うだけで、
トラブルも無く進んでいきます。
ちなみにこのマザーボードの対応OSはドライバの関係でXP、Vistaのみとなっていますので、ご注意ください。

さてOSのインストールも終わりましたので、デバイスドライバのインストールですね。
早速付属のCD-ROMを投入投入。
SN360147.jpg

自動再生でメニュー画面が立ち上がりました。
インストールするドライバは『マザーボード統合ドライバ、サウンドドライバ、LANドライバ』の3つで良いようです。
では、先ず一番上のマザーボードのドライバをクリッククリック♪
SN360149.jpg

お。ドライバのある場所のフォルダが開きましたね。うんうん。

・・
・・・
・・・・

あれ、何も起こらない。なんで?なんかおかしい?ホワイ?
うん、こういうときはCDを入れなおして、やり直してみよう。
あれ、やっぱり同じ・・・。

どうやら自動では入らず、自分で実行ファイルをクリックしないといけないようです。 orz
メニューが自動で立ち上がったので、てっきり自動で入れてくれると思いましたっ!
しかもタチが悪いのはサウンド・LANのドライバフォルダにはこのマザーには使用しないドライバも一緒に収録されている、という事です。
一応、英語の「ReadMe」にはどれを使うかは書いているのですが、まぁなんというか、オートでランチャーまで開いておいて、フォルダを開くだけ。というフェイントに脱帽です。

では、何とかドライバソフトもインストールできましたので、ベンチマークの結果なども・・・。
先ずは実用ソフトを使用したときのような負荷を掛けてくれる『PCMark2004』です。
b.jpg

現在の主力CPUであるCore2DuoE8400を搭載したPCが大凡7000ぐらいを出しますので、
それから比べるとちょっとさびしい結果ではありますね。
ただこのベンチマークはCPUのパワーに依存するところが多いので、あくまで参考という事でお考え下さい。4000もあれば実用でストレスを感じる事は殆どないと思います。

次は内蔵グラフィック機能の性能を見る為に『3DMark06』を実行してみます。解像度は1280X1024で測定しています。
a.jpg

ご覧の通り、やはり専用のグラフィックボードとは比べ物にならない数値が出てしまいました。
しかしながら現在でも相当に負荷が掛かるこの3DMark06ではほんのちょっと前の内蔵グラフィックでは動作させる事も無理でした。そう考えると内蔵グラフィックの進化を感じます。
しかしながら一級線の性能を持っている訳ではありませんので、3Dゲーム等をバリバリやる。といった方はグラフィックボードの追加を検討された方が良いようです。

では、もうちょっと動作が軽いネットゲームではどうなのか?
こちらは『大航海時代Onlineベンチマーク』で測定します。解像度は同じく1280X1024で行っています。
c.jpg

これはかなりいい数値が出ました。
大体トータルスコアが300以上あると非常に快適にプレイできるとの事ですので、
今現在よく普及している19インチの液晶モニターで快適に遊べるというレベルでしょうか?

・まとめ
正直今のマザーボードは殆ど性能を左右するほどの影響力が無く、中々レビューが難しかったです。
その為、ちょっとベンチマーク関連は消化不良気味な記事になってしまいました。スミマセン・・・。

使い勝手に関しては「分かりにくいBIOS」、「あまり親切でないインストールCD」の点で、あまり自作PC初心者の方にはおススメできないかな、という印象です。
ただ凝った基板設計やHybridCrossFire等のマニアックな機能は逆にハイエンドユーザーや少し変ったマザーボードが欲しいという方にはおススメですね。
内蔵としては強力なグラフィック機能、多チャンネルサウンドなど豪華装備ですので、上に書いたような点が、気にならない方には面白い選択肢だとも思います。

価格もそれほど高くないので、サブマシンのベースとしてとして遊び心が欲しい方には面白い商品、と思いました。
まだJ&W社からはこれ以外の商品のアナウンスがありませんが、今後注目していきたいですね。

※テストの結果は性能を保証する物では御座いません。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。