■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サントラスト 大薙刀(おおなぎなた)

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

かなり日にちが空いてしまいましたが、
今回はまたまたサントラストさんのご好意でお借りした最新CPUクーラー、
「みきひさ」こと『大薙刀(おおなぎなた)』をレビュー
したいと思います。

この「みきひさ」じゃなかった『大薙刀』はこれまで比較的小型のCPUクーラーをリリースされていた
サントラストさんでは初めてとなる、12cmファンを採用した大型モデルとなります。

ご存知の通り12cmファン採用のCPUファンは非常に激戦区で、
様々なメーカーから多種多様のモデルが販売されています。
そんな中、これまでのサントラストさんの製品は個人的に上手くその隙間を拾っているよなぁ、
という感覚があったんですが、今回この激戦区に態々名乗りを上げたということは、
かなりの自信作に違いない!
とこれまた個人的に思っています。

では先ずパッケージから・・・、
CIMG2932.jpg
しっかりしたパッケージです。上に持ち手がついてるようにかなりの重量があります。

内容物です。
CIMG2929.jpg
ネジ類、小物、取説、ファンと綺麗に分割されています。
因みにファンの取付けはゴムマウントで行います。
マウントはファン2個分入っており、もう一台ファンを追加してサンドイッチ構造にする事もできます。

ヒートシンクの取付けはバックプレートにネジをたて、そこにヒートシンクを通し、
手回しネジで締め付ける構造
になっています。

ヒートシンク部です。
CIMG2930.jpg
「みきひさ」の由来になったようにブラックメッキとなっています。
ムラもなく渋い輝きを放っています。
フィンはかなり目の細かいタイプでファンでの強制空冷を意識したモデルであろうことが推測されます。
フィン自体も端で織り込まれており、全体で高い剛性を持っています。

CPU接触面です。
CIMG2931.jpg
サントラストさんの得意のヒートパイプが直にCPUに接触するタイプです。
極太のヒートパイプが6本通っていて、ヒートシンク面の方が少ないですね。(笑)
もちろん段付などはなく、平滑に研磨されており、精度の高さを感じます

では実際に取付けを行って行きたいと思います。
この大薙刀はバックプレートに裏側から4本のビスを通し固定します。
更にそれをマザーボードのCPUファン固定穴に裏面から通し、
ヒートシンクを突き出たビスに通し、バネ付の手回しネジで締め付けていく形となります。

バックプレートに通すネジの穴はそれぞれCPUによって刻印がされており迷う事はありません
ただパックプレートは透明フィルムタイプの絶縁材が貼られていますが、ちょっとわかりにくいです。
見た目で「気泡がたくさん入っている面」が絶縁面になりますので、こっちをマザーの裏面にしましょう。

ファンですがゴム製のインシュレーターでヒートシンクに固定するタイプです。
振動を吸収するので、静音性に優れていますが、慣れてない方にはちょっとつけにくいかもしれません。
ファンの穴にラバーを通して思いっきり引っ張ればいいのですが、垂直に引っ張らないと、
ちょん切れてしまう場合もあり
ますので要注意です。
個人的には針金などでの固定の方がありがたいですが・・・。

で、実際に付けていこうとすると問題が発生・・・。
CIMG2926.jpg
ヒートシンクに当って付けることが出来ません。(爆)
微妙ですがファンがマザーボードのヒートシンクに当ってしまいます

CIMG2928.jpg
ちょっと向きを変えてみましたが今度はノースブリッジのヒートシンクに当ってしまいます
結局、テスト用のMSI P45Neo2-FRには干渉の為、装着できませんでした。

ちなみにGigabyte製のGA-EP45-DS3Rでも試してみましたが、
やはり周りのヒートシンクが干渉しました。
かなり横に広い設計ですので、775タイプのマザーボードだと干渉する個体が多いように思えます

1366タイプのマザーボードだとかなり周りは広くなりますので、こちらならいけそうな気がしますが、
今回はテスト用のマザーボードが入手できませんでした・・・。申し訳ない・・・。

というわけで今回はかなり消化不良気味に終わってしまったのですが、
機会があれば是非リベンジしたいと思います。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。