■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■COMPUTEX TAIPEI

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

先週末、PCとPCパーツの国際見本市である『COMPUTEX TAIPEI』が閉幕しました。
PCパーツを製造するメーカーが多く所在する台湾で開催れるだけあり、
毎年大きな発表があるのですが、今年の目玉はやはりあれ、

Intelの新シリーズCPU用のマザーボード

ですね。
ベストセラーとなったCore2シリーズで使用していた『LGA775』はこれで幕を閉じ、
既に発売されているCorei7シリーズをベースにした全く新しいソケットになるそうです。
i7シリーズは現在でも高い性能を発揮しているので、それをベースにしたメイン向けのCPUにも
期待が出来そうです。
しかしながらCore2やi7とは全く互換性がないので、これらを使用している方は
ちょっと心穏やかではないかもしれませんね。(汗

ただやはり世界的な不況が影響してか、それ以外の展示は例年に比べて低調だったようです。
特に目を引く存在である2台グラフィックチップメーカーからはデスクトップ向けのアナウンスは無く、
ちょっと華やかさにかける状態だったそうです。

これからのトレンドになりそうなものとしては、電源ユニットの各社『80PLUS GOLD』推進でしょうか。
『80PLUS』認証というのは電源ユニットが電力を変換する際にいかに損失を出さずに変換できるか、
を数値化したもので、『80PLUS GOLD』認証であれば、負荷100%時に87%以上の効率を要求する厳しい物です。 詳しくは→http://ascii.jp/elem/000/000/415/415087/
エコが声高に叫ばれる昨今、こういった流れになっていくのはある意味妥当なのかもしれません。

多少の元気の無さも感じた今回のCOMPUTEXですが、
多くのメーカーが時代に併せて頑張っている部分も感じ取れ、
これからも楽しいパーツがリリースされる事に期待したい物です。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。