■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■落雷対策

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

先日は大阪も大雨でした。
もう降るわ降るわ。バケツをひっくり返したような・・・って言うのはああいうのを言うんだと思います。
ついでに雷も「ゴロゴロ、ピッシャ~!!」ですごかったです。
かくいう私の家の近所にも落雷があったようです。ガクガクブルブル

ニュースを見ていると今年はものすごく雷の発生が多いんだそうです。
やっぱり異常気象のせいなんでしょうか・・・。

雷が恐ろしいのは人間だけではありません。実はパソコンにも恐ろしい天災なのです。
電気機器に詳しい方はご存知かと思いますが、所謂『サージング』と呼ばれる物です。

落雷は高い物に落ちるといいますが、実は同じ電気にも引き寄せられる性質を持っています。
ほら、高いところにあって電気が通っている物がありますよね。

そうです。空中に張り巡らされている『送電線』です。

送電線に雷が落ち、送電線を伝って屋内に入り、コンセントにつながれた電気機器に過電流がかかり、機器が破壊される現象、これを『サージング』といいます。
この時コンセントには1万ボルトにも達する電圧が掛かる時もあるといわれており、
サージングを受けた機器はかなりの確率でお亡くなりになってしまいます。
これはパソコンでも例外ではなく、むしろ静電気で壊れてしまう事もあるパソコンパーツなどはひとたまりもありません

しかしながら何せ相手は天災、いつ来るか判ったもんじゃない
また悪い事には天災だけに壊れた場合は大抵の場合、製品保証が適用されません
正直これは痛いです。高いパーツなどを組み込んでおられる方はなおさらですね。

じゃあいつ壊れるのか判らないまま、ガクガクブルブルして過ごさないといけないのか?
いえいえ、実はサージングは上でお話したとおりパソコンだけでなく、全ての電気製品に対する脅威ですので、実は対策グッズがいろいろ発売されているのです。

今回はPC向け雷対策グッズをご紹介していきたいと思います。

先ずはメジャーどころから。
17246747.jpg
雷ガードタップです。
見た目は普通のOAタップですが、中にサージングで過電圧が掛かった場合に、
決められた数値以上に電圧が掛からないようにする回路
が組み込まれています。
価格も普通のOAタップと殆ど変わりませんので、これから購入予定の方は、
雷ガード機能付かどうかを確認してご購入されるのがいいかもしれません。

参考URL:http://www2.elecom.co.jp/cable/pc-tap/index.asp#kaminari

更なる安心感を求める方にはこちら。

270_fam.jpg

UPS(無停電電源装置)です。
『UPSって停電の時の為のものじゃないの?』と思われる方も居られるかもしれませんが、
実はUPSには非常に優れたサージ防止機能が殆どの機種で搭載されています。
サージングの対応電圧も高く、安心感が非常に高いです。

またこちらがUPSの真骨頂ですが、落雷の直接被害がなくても、停電が発生する場合があります。
この場合にはUPSとしてPCの電源を安全に切るまでの時間を稼いでくれます
更に!実はサージングは電力線だけでなく、電話線を介しても発生します。
UPSは電話線を接続してサージングを防ぐ機能も搭載しています。

これを装備しておけば、パソコン周りの電気的障害は大体防げると思います。
昔は企業向けで『高い』『でかい』『コストが掛かる』と三拍子揃った(?)製品でしたが、
最近は写真のようにOAタップ型で個人ユーザーを意識した製品も出てきました。
まだまだ高価な製品ではありますが、それよりも高価なパソコンをお使いのお客様には
その安心感からすればそんなに高い投資ではない
のではないでしょうか?

参考URL:http://www.apc.co.jp/products/ups/es500_725.html

次は『すぐそんなにコストはかけられないけれど、とにかく雷対策をしたい!』という方にお勧めです。

ne-222.jpg

『雷ガード』といいます。
使い方は簡単。電源プラグとコンセントの間にはさむだけです。
上限電圧は約6000V程度と低く、電圧を下げる値も低いですが、とにかく導入がしやすく、
手軽に安心感を得られます。価格も安いので、導入して損はない
と思います。

参考URL:http://www.noatek.co.jp/products/kguard/kguard.htm

ここまでは主に電源ラインのサージングについての対策グッズをご紹介してきましたが、
実はもう一箇所、ブロードバンド時代ならではの対策場所があります。

P1100249_L.jpg

そうです。LANポートです。最近はLANアダプタはマザーボードに内蔵されている事が多いので、
万が一、LANを介したサージングを受けると、マザーボードが壊れてしまう可能性もあります。
是非対策をしたいところです。

参考URL:http://www.dirac.co.jp/dirac/gl-rp1-1000.html

○まとめ
今回は知ってそうで実はわからない、落雷対策について取り上げてみました。
皆様のお宅は如何でしょうか?対策は万全ですか?
完璧ということはないと思いますが、転ばぬ先の杖、落雷が多かったなぁ、という方は是非導入をご検討ください。


※これらの商品は落雷による被害を確実に防ぐ物では御座いません。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。