■2008年12月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■RADEONとGeForceとPhysX

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

前回の更新から間が空いてしまって申し訳ないです。
お陰さまで12月に入り、かなりお店の方が忙しくなってきており、
スタッフ一同嬉しい悲鳴なのですが、その半面で『パーツ副将軍』が置き去りになっていました。(謝)
という事で、最近は雑談が多かったですので、久しぶりの実験企画です。

ビデオカードと言えば、多くの皆様はATI社製の『RADEON(レディオン)シリーズ』か
nVIDIA(エヌビディア)社製の『GeForce(ジーフォース)シリーズ』
を思い浮かべられるかと思います。

今のビデオカードはこの2社がお互いに切磋琢磨、と言うか取っ組み合いのケンカ(笑)をしながら、
引っ張っていってるんですね。
これまではGeForceが優勢だったんですが、ATIが起死回生の一発、『HD4800シリーズ』をリリースして、一挙に劣勢をひっくり返したのは記憶に新しいところです。

おもに性能面が比較されるこの二社ですが、実は数字に現れない部分に結構両者のコンセプトの違いがあります。

まず『GeForceシリーズ』ですが、業界標準に近いシェアを持っているだけに『安定性がぴか一』です。
ソフトの相性が少なく、互換性の問題も出にくい
ですね。ドライバのインストールがわかりやすいのも美点と言えます。価格相応の性能がどのモデルでも比較的発揮されます。

これに対して『RADEONシリーズ』ですが、GeForceシリーズに比べて『色彩が鮮やかではっきり』しています。細かいところですが、アイコンの文字の輪郭などがGeForceシリーズに比べて鮮明です。
ドライバ等はGeForceに比べてかなり不親切です。またソフトによって性能にばらつきが出やすいのも欠点と言えます。

私はどっちかと言うと『色彩の鮮やかさ』で『RADEON派』なのですが、結構ゲームでの使用が多い物ですから、互換性で一歩劣るRADEONにはどうしても二の足を踏んでしまいます。(4870欲しい・・・。)
いや、ホントに8000シリーズのRADEONは酷かったんですよ。ハイ。

じゃあ、一台のパソコンでRADEONとGeForceを共用する方法はないのか?と私考えました。
もう1年ぐらい前になりますが、私物で試してみた事があります。

結果から言うとダメでした

片方のドライバをインストールすると、どうしてももう一枚のドライバが当たらない。と言う現象が出てしまったのです。
結局どうしてもそれを解決できず、迷った挙句、RADEONっ娘は里子にもらわれていきましたとさ。

めでたしめでたし、ってめでたくない。(爆)

それから『お父さん、私、成長したんだから!』とも言わんばかりのRADEONの復権ぶりを見ながらも、
チキンな私はRADEON欲しいなぁ、と思いながらも手を出せずにいました。

そんな中、あるホームページで『今はRADEONをメイン、GeForceをPhysX処理用として使うのがトレンディ』という記事を発見しました。

えええ!うそっ! RADEONとGeForce共存無理でしょ! じゃあやってみるべ!と言う事で先ずはRADEONとGeForce共存できるのか?という所から検証してみたいと思います。

検証に使用した機材は以下の通りです。

VGA1:SAPPHIRE RADEON HD4850 512M GDDR3 PCI-E
VGA2:GALAXY GeForce P96GT-LP/512D3 512MB

CPU:Intel Core2Duo E8400
メモリ:DDR2 PC800 2GB
マザーボード:MSI P45Neo2-FR
ドライブ:Pioneer DVR-212
HDD:HGST HDP7250320GLA360
OS:MS WindowsXP Home SP2

とりあえず組み上げてみます。こんな感じになりました。
CIMG2412.jpg

早速OSをいれ、ドライバのインストールにかかります。
先ずはRADEONから・・・、正常終了しました。
次にGeForce・・・、正常に終了しました。 否!ここからが勝負! いざ再起動!
・・・。

無事デスクトップは表示されました。解像度・色数もおかしくなっていないようです。
念の為、ドライバがちゃんと適用されているか、デバイスマネージャで確認です。
WS000000_20081212122942.jpg

おおっ!ちゃんと二枚のビデオカードが認識されています。
次に『画面のプロパティ』で確認します。

先ずRADEON側・・・。
WS000003_20081212123135.jpg
問題無しです。

次にGeForce側・・・。
WS000004_20081212123237.jpg
問題無しです。

あれ、あっさり出来ちゃった・・・。一年前の苦労は・・・?
因みにデスクトップでも、
WS000002_20081212123402.jpg

CatalystControlCenterとnVIDIAコントロールパネルがしっかり共存しています。
うーん、現段階ではこの二つの共存は問題がなくなっているようです。
なんか納得がいかないような。(笑)
因みにドライババージョンはRADEONが『Catalyst8.12』、GeForceが『GeForceDriver 180.48』を使用しています。

次回はPhysXの紹介も含めてこの環境でPhysXが動くのかを検証していきたいと思います。

※当記事の内容は弊社が独自に行った内容に基づき記載しております。此方の記事を参考にされて 発生致しました損害などは弊社は一切関知いたしません
スポンサーサイト

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。