■ビデオカード

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サーマルテイク ISGC-V320で色々やってみる。 その3

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

前回やっと換装が完了したGTX280を今回は実際に動かして行きたいと思います。

今回のチェック環境はこんな感じになっています。

○CPU      Intel Core2Duo E8400
○CPUクーラー リテールクーラー
○メモリ     DDR2 PC6400 2GB
○マザーボード Gigabyte GA-EP45-UD3R
○HDD      HGST HDP725032GLA360
○光学ドライブ パイオニア DVR-212

先ずはビデオカードの基本データを。
WS000000_20090914152852.jpg

次にファン交換前のアイドリング状態でのモニター画像です。
WS000002_20090914153015.jpg

アイドリング状態だと動作クロックが下がっているのがわかります。
ファン回転数は40%で大凡1450回転ぐらいです。GPUの温度は50度ぐらいで安定しています。
因みに簡易音量計で音量を計ってみた所、大凡52~53デシベルと言った所でした。
環境音が47デシベルぐらいでしたので、『五月蠅くはないけど、静かなところだと気になる』と言った感じでしょうか。

次にDMC4ベンチを高負荷設定で1時間程度動作させて、再度温度をモニターしてみました。
WS000003_20090914153523.jpg

クロックは最大値まで上がり、ファン回転数は53%まで増加しています。
GPU温度は80度まで上がっていますが、これ以上上がる事はないようです。
ファンの回転数は2000回転まで上がり、音量は53デシベル程度まで上がります。
しかしながら耳障りな音ではなく、冷却と静音のバランスが上手く取れているなぁ、と感じます。

次にファンを『ISGC-V320』に換えた物で測定します。
アイドリング時のモニターリングはこんな感じです。
WS000004_20090914154032.jpg

GPU温度は31度と劇的に低下しています。
因みにファンの回転数は最低回転数の800回転に設定しています。
やはり320W対応の放熱力は伊達ではないようです。
音量も計測しましたが47デシベル程度で恐らく環境音以下なのではないかと思います。

次に同様に負荷を掛けて測定します。
WS000005.jpg

GPU温度は64度とかなりの低下です。
ファン回転数も固定ですので、アイドル状態と差がありません。
だがしかしだがしかし、VDDC、つまり電源周りの温度が急上昇しています。
冷える形跡がないので、前回の反省もあり、一先ずテストを中止しました。orz

うーん、温度と音に関してはかなりいい成績を出していただけにかなり残念な結果になってしまいました。
とりあえず電源周りの冷却対策ををする必要がありそうですので、ちょっと頭を捻ってみたいと思います。
ていうか、やれんのか・・・。俺。
スポンサーサイト

■サーマルテイク ISGC-V320で色々やってみる。

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

今回はサーマルテイクさんのVGAクーラー『ISGC-V320』で色々やってみたいと思います。

サーマルテイクさんの製品紹介ページはこちら。
http://www.thermaltake.co.jp/product_info.aspx?PARENT_CID=C_00001374&id=C_00001375&name=ISGC-V320&ov=n&ovid=&parent_cp=

製品紹介によると 『TDP320W』に対応と言う事です。
TDP320Wというと、デュアルチップビデオカードであるATIの『RADEON HD4870X2』に匹敵する
発熱量ですが、このクーラーはシングルチップ用ですから、相当な冷却性能を持っている事が
伺えます。

であるなら、実験するにも相当にパワーのあるビデオカードが必要です。
前回はATIで行ったので、今回はnVIDIAで行ってみよう!ということで、
型遅れにはなってしまいますが、『GeFORCE GTX280』でトライして見たいと思います。

先ずは『ISGC-V320』のパッケージです。
CIMG2960.jpg
かなり重厚なパッケージです。破損しないよう、中はスポンジでしっかり隙間埋めがされています。

次に内容物を・・・。
CIMG2961.jpg
以外にシンプルで、ファン本体、説明書類、取り付け小物となっています。
ファンは既に固定されています。

GPUとの接触面です。
CIMG2963.jpg
全銅製で平滑に研磨されており、効率がよさそうです。
位置は真ん中ではなくオフセットされており、カードの全長に影響しそうです。


では、実際にGTX280にこのクーラーを取り付けて行きたいと思います。
標準状態のGTX280はこんな感じです。因みにLeadtek製です。
CIMG2964.jpg

先ず標準のファンヒートシンクを外さなければなりませんが、
前回のATIと違い、カード面は完全にカバーされており、ネジが見えているのは裏面だけです。
とりあえずここを外してみます。

合計10個(!)あるネジを外してみましたが、ヒートシンクはびくともしません。
もう一度カードを見回してみると、取付けブラケットに小さなネジが二箇所あるのを発見!
これも外してみます。 でもまだ外れません・・・。
しかしちょっと裏面の排熱板が浮いてきたので、恐らくどこかでかみあいがあるのだろうと推測し、
細い-ドライバを隙間に差込、恐る恐るこじていくと、排熱板が外れました。

CIMG2965.jpg

でもまだヒートシンクは外れません。 なんでなんだ・・・。

もうネジで止まっているところはなさそうなので、
「えーい、ままよ!」ということでヒートシンクを右左に捻ってみると・・・、

外れました。

どうやらGPUとヒートシンクが強力なグリスでくっついていたようです。

外れた状態はこんな感じです。
CIMG2966.jpg

とりあえずビクビクの作業でしたので、ここまでで一時間以上時間が掛かりました・・・。
これからチップのクリーニングをして取り付けをすると時間がなくなりそうなので、
取付け編は次回ご紹介させて頂きたいと思います。


※グラフィックカードの標準ヒートシンクの取り外しは製品保証が喪失する可能性が御座います。
 取外し・取付時の破損など、ヒートシンクの交換はリスクを伴います。
 交換の際はこれらの事を考慮のうえ、自己の責任において行ってください。

■RADEONとGeForceとPhysX

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

前回の更新から間が空いてしまって申し訳ないです。
お陰さまで12月に入り、かなりお店の方が忙しくなってきており、
スタッフ一同嬉しい悲鳴なのですが、その半面で『パーツ副将軍』が置き去りになっていました。(謝)
という事で、最近は雑談が多かったですので、久しぶりの実験企画です。

ビデオカードと言えば、多くの皆様はATI社製の『RADEON(レディオン)シリーズ』か
nVIDIA(エヌビディア)社製の『GeForce(ジーフォース)シリーズ』
を思い浮かべられるかと思います。

今のビデオカードはこの2社がお互いに切磋琢磨、と言うか取っ組み合いのケンカ(笑)をしながら、
引っ張っていってるんですね。
これまではGeForceが優勢だったんですが、ATIが起死回生の一発、『HD4800シリーズ』をリリースして、一挙に劣勢をひっくり返したのは記憶に新しいところです。

おもに性能面が比較されるこの二社ですが、実は数字に現れない部分に結構両者のコンセプトの違いがあります。

まず『GeForceシリーズ』ですが、業界標準に近いシェアを持っているだけに『安定性がぴか一』です。
ソフトの相性が少なく、互換性の問題も出にくい
ですね。ドライバのインストールがわかりやすいのも美点と言えます。価格相応の性能がどのモデルでも比較的発揮されます。

これに対して『RADEONシリーズ』ですが、GeForceシリーズに比べて『色彩が鮮やかではっきり』しています。細かいところですが、アイコンの文字の輪郭などがGeForceシリーズに比べて鮮明です。
ドライバ等はGeForceに比べてかなり不親切です。またソフトによって性能にばらつきが出やすいのも欠点と言えます。

私はどっちかと言うと『色彩の鮮やかさ』で『RADEON派』なのですが、結構ゲームでの使用が多い物ですから、互換性で一歩劣るRADEONにはどうしても二の足を踏んでしまいます。(4870欲しい・・・。)
いや、ホントに8000シリーズのRADEONは酷かったんですよ。ハイ。

じゃあ、一台のパソコンでRADEONとGeForceを共用する方法はないのか?と私考えました。
もう1年ぐらい前になりますが、私物で試してみた事があります。

結果から言うとダメでした

片方のドライバをインストールすると、どうしてももう一枚のドライバが当たらない。と言う現象が出てしまったのです。
結局どうしてもそれを解決できず、迷った挙句、RADEONっ娘は里子にもらわれていきましたとさ。

めでたしめでたし、ってめでたくない。(爆)

それから『お父さん、私、成長したんだから!』とも言わんばかりのRADEONの復権ぶりを見ながらも、
チキンな私はRADEON欲しいなぁ、と思いながらも手を出せずにいました。

そんな中、あるホームページで『今はRADEONをメイン、GeForceをPhysX処理用として使うのがトレンディ』という記事を発見しました。

えええ!うそっ! RADEONとGeForce共存無理でしょ! じゃあやってみるべ!と言う事で先ずはRADEONとGeForce共存できるのか?という所から検証してみたいと思います。

検証に使用した機材は以下の通りです。

VGA1:SAPPHIRE RADEON HD4850 512M GDDR3 PCI-E
VGA2:GALAXY GeForce P96GT-LP/512D3 512MB

CPU:Intel Core2Duo E8400
メモリ:DDR2 PC800 2GB
マザーボード:MSI P45Neo2-FR
ドライブ:Pioneer DVR-212
HDD:HGST HDP7250320GLA360
OS:MS WindowsXP Home SP2

とりあえず組み上げてみます。こんな感じになりました。
CIMG2412.jpg

早速OSをいれ、ドライバのインストールにかかります。
先ずはRADEONから・・・、正常終了しました。
次にGeForce・・・、正常に終了しました。 否!ここからが勝負! いざ再起動!
・・・。

無事デスクトップは表示されました。解像度・色数もおかしくなっていないようです。
念の為、ドライバがちゃんと適用されているか、デバイスマネージャで確認です。
WS000000_20081212122942.jpg

おおっ!ちゃんと二枚のビデオカードが認識されています。
次に『画面のプロパティ』で確認します。

先ずRADEON側・・・。
WS000003_20081212123135.jpg
問題無しです。

次にGeForce側・・・。
WS000004_20081212123237.jpg
問題無しです。

あれ、あっさり出来ちゃった・・・。一年前の苦労は・・・?
因みにデスクトップでも、
WS000002_20081212123402.jpg

CatalystControlCenterとnVIDIAコントロールパネルがしっかり共存しています。
うーん、現段階ではこの二つの共存は問題がなくなっているようです。
なんか納得がいかないような。(笑)
因みにドライババージョンはRADEONが『Catalyst8.12』、GeForceが『GeForceDriver 180.48』を使用しています。

次回はPhysXの紹介も含めてこの環境でPhysXが動くのかを検証していきたいと思います。

※当記事の内容は弊社が独自に行った内容に基づき記載しております。此方の記事を参考にされて 発生致しました損害などは弊社は一切関知いたしません

■RadeonHD4850をファンレスにしてみる。

いつもご覧頂きまして有難う御座います。

今回は実験企画としました。なぜ実験なのかって?
そりゃ夏といえば、夏休み、夏休みといえば宿題、宿題といえば実験!という事で、
ちょっと童心に帰ってみたいと思ったからです。

嘘です。今考えました。

で、今回の実験の素材(生贄?)は今ホットな商品であるATI社製のグラフィックカード、
『RadeonHD4850』
です。

まぁ、かなり売れてますわ。情報サイトや雑誌で情報が出るや否や、当店でもかなりの数のお客様が
このRadeonHD4000シリーズを選択
されています。
でもRadeon8500から使って来た人間としてはATI社製のグラフィックカードは『ドライバソフトの出来が今三つぐらい』とか『ベンチマークの成績は良いけど実際のゲームでは・・・』とか『そもそもゲームとの相性が・・・』とかちょっとネガティブな印象があるんですが、ともあれこれまでライバルのNVIDIA社の後塵を浴び続けていたATI社からの久々のリーサルウェポンという所でしょうか?

『安い、速い』と一見いい事ずくめのようなHD4000シリーズですが、いただけない点もあります。

それは『発熱』

なんというか今までのグラフィックカードでは考えられなかった熱さなんです。
往々にしてグラフィックカードは頭脳であるGPUの辺りがほんのりと熱くなりますが、
HD4000シリーズはカード全体が熱くなって、カードの周りにほんのり暖かい空気の層が出来るぐらいです。
明らかに冷却が足りて無いんじゃないの?って感じではあるのですが、トラブルは全く出ませんので、
メーカーさんもその辺は考えて出しているんだと思いますが、どうも精神衛生上、宜しく無いです。
という事で、今回はRadeonHD4850を低発熱化しつつ、あわよくばファンレス化してやろうというコンセプトでやって行きたいと思います。

今回使用するパーツは以下の通りです。
SN360172.jpg
○サファイア RadeonHD4850 DDR3/512MB (リファレンスデザイン)
○Aurus   Fridge JES988 (大型VGAクーラー)
○ZALMAN  ZM-RHS1 (VGAメモリヒートシンク)

この内グラフィックカードにつきましてはもう説明の必要も無い有名商品ですので、あえて説明はしません。
で、今回取付るVGA用クーラー『Fridge JES988』です。
SN360174.jpg
販売代理店はサイズさんです。箱はグラフィックカードぐらいの大きさですが、ずっしりと重いです。
ヒートパイプは4本、グラフィックカードのコアと接触する部分から出ています
大きなクーラーですがグラフィックカードと接触する部分はコアのみです。

そして『ZM-RHS1』。これはメモリ等に貼り付ける補助ヒートシンクです。
SN360173.jpg
前述したとおりJES988はコア以外がヒートシンクに接触しませんので、メモリ・電源部の発熱が気になります。そこでこのZM-RHS1を使用して冷却の補助をしてやります。
両面テープで貼り付けるだけですが、しっかり固定され熱の伝導も問題ないです。
今回は取り付ける場所が多そうなので、たっぷり2パック用意しました。多い日も安心です。

では最高の材料が揃った所で調理開始です。 ア~レ!キュイジ~ヌ!

※グラフィックカードの標準ヒートシンクの取り外しは製品保証が喪失する可能性が御座います。
 取外し・取付時の破損など、ヒートシンクの交換はリスクを伴います。
 交換の際はこれらの事を考慮のうえ、自己の責任において行ってください。


先ずは精密ドライバーで標準のファンヒートシンクを固定しているネジを外していきます。
SN360175.jpg
写真が分かりづらく申し訳ないのですが、固定ネジは10箇所あります。
安定するようになるべく対角線上、外側の物から外していきます
ネジが外れたら前部にあるファンコネクタを外し、ヒートシンクとカードの隙間に指を入れて、
ゆっくりとヒートシンクを外していきます


SN360176.jpg
ヒートシンクが外れました。
コアにサーマルグリスが塗られていますので、綺麗にふき取っておきましょうね。

次にヒートシンクをつける前にメモリクーラーを貼り付けます。
貼る前にメモリ表面に糊が残っている場合がありますので、アルコールなどでふき取りましょう
SN360177.jpg
今回はメモリ、そして電力供給部分には重点的に装着してみました。

ではコアにグリスを塗り、ヒートシンクを装着していきます。
装着は見た目は簡単でカードのグラフィックコアの近くの4つの固定穴にヒートシンクのネジ穴を合わせ、
付属のネジとワッシャーで固定
します。この場合のヒートシンク側のネジ穴は一番外でした。
しかし見た目とは裏腹に強力に固定する為にネジの長さがギリギリで、ネジ穴を合わせるのに苦労します。
ここでも対角線上に締めていきましょう。一方にあまり傾くとコアを傷つける可能性があります。
また締め過ぎも厳禁です。取付時は軽い力で止まるまでにしておき、最後に増し締めをしましょう。

SN360179.jpg
で、でけた。
おおー。なんかかっこいい! むちゃくちゃサイバーな雰囲気になりましたよ。(笑
なぜかヒートシンクの長さもカードと申し合わせた様にピッタリですし。 

では実際にマザーボードに取り付けてみます。
SN360181.jpg
まさに衝立状態です。グラフィックカードから向こうが見えません
写真はASUS製マザーボードのP5K-Eを使用していますが、ガッツリS-ATAポートが4つ塞がれています
Yes!(ヲイ

次は横から見てみます。
SN360182.jpg
なんというかCPUに取り付けている峰クーラーよりも背が高いです。
「そもそもケースに入らないんじゃ・・・。」という妖精さんの声が聞こえてきたような気がしますが、
きっと気のせいです。そんな物がいるはずがありません。ふんふ~ん♪

SN360183.jpg
ちょっと分かりづらいのですが、隣接2スロットが塞がれます
拡張性?あーあー、きーこーえーなーいー。

という訳で、実際に装着して温度の変化を見たいと思います。
その前にファン交換前のデータを取ってありますので、そちらから見ていきます。
テスト環境は以下の通りです。

○CPU      Intel Core2Duo E8400
○CPUクーラー サイズ 峰 Rev.B
○マザーボード Asustek P5K-E/WiFi
○メモリ     DDR2 PC6400 2GB
○HDD      HGST HDP725032GLA360
○光学ドライブ パイオニア DVR-212

先ず負荷をかけないアイドリング状態で1時間ほど起動させコアの温度をモニターしてみました。
WS000015.jpg
うはっ。アイドルで80℃っすか。上で書かせて頂いたとおり、これだけの発熱があれば
カードの回り全体に熱だまりが出来るのもわかる気がします。

次に『DEVIL MAY CRY4ベンチマークを』最大負荷で動作させながら、コアの温度をモニターします。
WS000013.jpg
最大値は90℃まで到達してしまいました。温泉卵が出来てしまいます。
数時間動作させましたが、温度は88℃から90℃を行ったりきたりしていましたが、
熱暴走などの兆候はありませんでした。

ではいよいよファンを換装したHD4850で実験していきます。
同じ様に負荷をかけないアイドリング状態で1時間ほど起動させコアの温度をモニターしてみます。
WS000012.jpg
おおっ!なんと45℃! 約30℃も低下しました。
やっぱり見掛け倒しじゃなかったんですね。カードの回りも『ムワッ』としていません。非常にいい感じです。

期待に胸を膨らませつつ、ベンチマークテストに移ります。
順調に動き始めました。温度は50℃前後でしょうか。 と、そのとき突如PCが再起動!BIOS画面が表示されましたが、画面全体に縦じまが!

ぎゃーっ!

直ぐに電源を切りました。あまりの事にスクリーンショットも取れていません。あーびっくりした。

とりあえず深呼吸をして状況を確かめます。
再起動が掛かる前のGPUコアの温度は50℃前後でしたので熱暴走の可能性は無いはず・・・。
標準ファンの時から構成などは変えていないので、問題ないはず・・・。うーむ。

一先ずコア以外の部分の発熱の可能性も考え、カード裏を触診してみます。
うーん、メモリ周りも異常なし、コア周りもむしろ標準状態より冷えている・・・、
そんな事を考えながら、カード前部を触っていくと・・・、

熱っ!

一瞬で指を離すぐらい熱い部分が・・・。これはおかしい、と思いつつその部分についているパーツを確認すると、どうやら電源部分のようです。
標準ファンのように接触冷却が無いと、ヒートシンクの放熱では間に合わないようです。
コアの冷却が十分なだけに、ちょっと悔しいのですが、電源部冷却のためにファンを付けるか、と思った矢先!

サイズさんよりVGAクーラー『MUSASHI』登場!
http://www.scythe.co.jp/cooler/musashi.html

なんと言う伏兵! 今、ファンをつけたらどう考えても『でっかいMUSASHI』になってしまうぅぅぅぅ!
う~ん、う~ん。結局名案は思いつきませんでした。orz

○今回分かった事
・HD4850(というかハイエンドグラフィックカード)はグラフィックコアだけでなく、周辺の回路なども相当の発熱がある。
・その為、コアだけでなくカード全体を冷やす為の仕組みが必要。

○まとめ
結局、発熱の低減には成功したものの、安定して動作させることが出来ず、
ファンレス化については残念な結果に終わってしまいました。
本来ならここでファンをつけて・・・、という流れになるところですが、
『伏兵』のお陰でそれもままならず・・・。
もう『MUSASHI』でいいじゃん。というのはあまりにも・・・、というかそれだと実験した俺、ナイス徒労!
うわー、それはいやだぁ!でもいい案も出ないし・・・。
もうグダグダですが、ご覧の皆様で何か名案が御座いましたら、コメントください。よろしくお願いします。

次回に、続く・・・の?

プロフィール

これまでのお客様

2008年7月5日より
今日もご来場ありがとうございます。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。